Not a strange thing to happen if you write someone's name. This is a note for output.

DeSi-note

目標設定

【新年の目標】仕事や人生における正しい目標の立て方

投稿日:

目標だけ立てて満足して計画倒れになる人ってたくさんいると思うんです。

僕もまさにそれ!

計画立てるのとか大好き。

でも実行に移さないで終わったり、

「これをやるためにはこれが必要だから」とか

「これがあればもっと効率的に出来る」

とか考えて、物だけ買ってやらないってパターンがめっちゃ多い。

でも最近師匠に出会って、いろいろ教わって少しずつ変わって気がする。

とりあえずまだちゃんと形にはなってないけど「やらずに終わる」じゃなくて「とりあえずやってみる」に変わってきた。

あとは「これを買ったらもっと」じゃなくて、「とりあえず今あるものでやってみてそれから」とか

「まず100均にあるものでやってみる」

って考えることが増えてる。

だから今回も目標を立てるけど、それは自分がやることを明確に、具体的にするため!

師匠に教えてもらった方法で目標設定してみようと思う。

目標設定のポイント

  1. 目標を達成したときの事をイメージするだけじゃなく、その過程の努力をしている自分をイメージする。
  2. 自分なぜその目標を達成したいのか、理由を明確にする。
  3. 自分できると思っている目標より小さい目標から設定する。
  4. 目標達成に向けて行う行動を具体的に示す。
  5. 目標達成や達成に向けた行動をする上で障害となるものを含めて計画を立てる。

目標達成に向けた努力の過程をイメージする

目標を達成したところを想像してニヤニヤするのもイイんだけど、それだけだと逆効果だよっていう話。

目標達成した自分を想像していい気分になると、それだけで満足しちゃって行動しないんだって。

これまさに自分のこと(笑)

めっちゃ妄想するの好き。カッコイイとこ想像して満足できちゃう。

同じって人、ヤバイよ。

だから達成するまでに日々努力してる自分を想像して、それに近づくよう行動するんだって。

かしこまりました!

なぜ目標を達成したいのか明確にする

なんとなく「こうなりたい」じゃダメ。

そんなことならいくらでも目標立てられちゃうから。

今の自分にとって本当に必要だと思っていること、本当にそうなりたいって思ってることじゃないと明確な理由を示すことは出来ない。

反対に明確な理由な示せればモチベーションも高く保ちやすい。

ことあるごとになんで自分がそれを目指しているのか、なんで自分が努力してるのか思い出せるから。

小さい目標を設定する

まずは「これくらい出来るんじゃないかなー」とか

「この時期までにできるように逆算すると1日こんぐらいやらなきゃ」

とかで、1日の目標を設定すると後悔しますよっていう話。

人間弱い生き物だから自分で思ってるほどできません。

それに新しいことを始めるのって超大変!脳科学的にも新しいことは脳に負担をかけるから脳が嫌うんだって!

だから脳嫌いにならない程度の小さな変化から始めましょうってこと。

小さなことでもその行動自体が継続できるようになれば、自然と内容はより濃くしていくことができる。

習慣化させちゃえばやりたい放題なので、まずは1回の質より続けることを優先しましょう!

やるべき行動を具体的に示す

人がなかなか行動できない理由はずばり「具体性が無いから」

つまりやりたいけど何したら良いか分からない状態。

「よっしゃこれから毎日筋トレするぞ」

じゃなくて

「仕事が終わって家に帰ってきたら、まず荷物おいて部屋着に着替えて、自分の部屋に行って筋トレ。筋トレは1日1種目だけ、ダンベルプレス片手22.5kg、スクワット片手30kg、懸垂(手は肩幅より広く)、デッドリフト片手30kgをローテーション。全部10回3セットで1セット5分で区切る。3セット終わるまで10分ちょい。筋トレ終わったらお風呂入る。」

これ僕です。(こんな感じで良いのかわかりませんが)

ちなみにこれで習慣化してます!

現在継続中。

これを読めば自分じゃなくても全くおんなじ行動が出来るよってくらい具体的にすることが大事!

マジで大事だから!

目標達成の障害になるものを計画に入れておく

毎日全く同じ生活してる人っていないですよね。

今日できたからって明日できるとは限らない。

自分の生活スタイルや性格、今まで挫折したきっかけなんかを考えて、あらかじめ失敗パターンを頭に入れておくこと!

さっきの筋トレの例だと、

「残業で帰ってくるの遅くなったら筋トレする元気ないよなー

そんなときは思い切ってやらないことにしておこう。

残業とか付き合いとかなんかで家着くのが21時過ぎるときは筋トレなしでお風呂直行する。」

とか。

習慣ってただ1日2日やらなかっただけじゃ途切れなくて、できなかった時に

「あー、今日筋トレできなかったー。やっぱり自分だめだなー」

とか自己嫌悪してしまうとイエローカード!

「もうどうにでもなれ効果」によって、「どうせ昨日も出来なかったんだから今日も…」

とかなってくるとアウト!

そうならないために僕の筋トレはこうしてるけど、

例えば「腹筋10回だけやる」とか、

「そんなとき用プラン」を用意しておくのが大切!

WOOPで目標設定するとこうなる

今までのことを踏まえて実践方法として「WOOP」に沿って行う方法が有効!

WOOPとは

W…wish 「どんなふうになりたいの?」

O…outcome 「そうなるとどんな良いことがあるの?」

O…obstacle 「それを達成する上で障害になるのは?」

P…plan 「どんな計画?」

これに沿って自分の目標を当てはめるだけ。

僕の筋トレは

W…エグザイルみたいな体になってカッコよくなりたい!

O…カッコイイお父さんになれる

頼りになるように見える

自分に自信がつく

O…さっき言ってたやつ

P…さっき言ってたやつ

こんな感じで!

ただし目標を立てるだけではダメ!

実行に移すための手段、つまり習慣化が超大切!

逆に習慣化さえ出来ちゃえば何でも出来る。

どんな嫌なことも努力も自動運転で目標まで走り続ける事ができる!

そんな習慣化のコツについてはまた次回まとめます!

習慣化のコツ(予告)

※変更になる可能性があります。

  1. 毎日絶対やる行動や絶対になる状況の後に、やるべき行動を設定する。
  2. プランBを作っておく
  3. 止めたくてもやめられない行動をやるべき行動に置き換える。
  4. しなければならない環境を整える。
  5. 仲間を作る。

-目標設定

Copyright© DeSi-note , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.